ペニス増大ってホントに実現するの?って、、、。

 

ペニス増大ってホントに実現するのでしょうか?

 

ペニスを大きくする方法には何種類かあり、それぞれメリットとデメリットがあります。

 

 

@ペニス増大サプリ

 

zodai

サプリメントを毎日飲んで、成長ホルモンを多く分泌させることによって、ペニスの増大を図る。

 

様々なサプリメントがあり、ゼファルリンやヴィトックスαが有名。

 

ペニス増大サプリの特徴は、シトルリンを主成分に、その血流改善効果から血液をペニスに大量に送り込むことにより海綿体を膨張させ、膨張ごとの大きさの定着を増大成分で補う形をとっています。

 

こちらではシドルフィンEXをおすすめします。

 

どんなサプリメントなのかは、シドルフィンEXの効果をご覧ください。

 

 

Aチントレ

 

半勃起させてから血液を手を使って無理やり亀頭に集めることで亀頭の増大を図るという手法。

 

この方法だと、さおの部分が太くならず、長くなり、亀頭が大きくなるといういびつな形になる可能性があり、また、毎日トレーニングをしなくてはならないという手間から長続きしない人が多い。

 

とはいうものの、他の手法と比べて、コストが一切かからないことから一定の実践者はいるようです。

 

 

Bペニス増大器具

 

zodai

けん引式とポンプ式がありますが、アダルトショップで売っているようなおもちゃの増大器具では効果は薄いし、すぐ壊れるなどおすすめできません。

 

また、本格的なもので電動式もありますが、これも一定程度の圧力をかけるため、人によっては亀頭に血のコブができてしまうので、血を抜かなければいけなくなったり、そのあとのケアも大変になるなど、後々大変なことになる人も出てきます。

 

コチラでお勧めするのは、アンドロペニスとハイドロマックス。

 

アンドロペニスはけん引式で常時ペニスに装着することにより、ペニスの長さを長くしていくものです。

 

ハイドロマックスは水圧式で、お風呂の中で装着し、容器の中の水を外に押し出すことによって、ペニスを膨張させるというもの。

 

水圧式についても電動式と同じく、血コブができる可能性があるので注意が必要ですが、圧力を自分で調整できるため、リスクは低いです。

 

 

C増大手術

 

zodai

上野クリニックやABCクリニックなどでの亀頭増大手術や長茎術。短期で増大できるというメリットがある一方で、手術が自分の思うようなものにならなかったりした場合には後戻りできないため、覚悟が必要になってきます。

 

 

 

トップページへ